q96z7u | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

呪文

返信

覚えていた、呪文は「さよなら」

投稿者 q96z7u | 返信 (0)

さ、よな、ら

返信

好きだったから

全部ほしかったの

でも君は、好きだよって言うだけ

ほしいものはなにひとつくれない

さいごまで、こたえてくれないの

繋ぎとめる努力もしてくれないの

今度こそ、おしまい

さよならだよ


さよなら

投稿者 q96z7u | 返信 (0)

さよなら

返信

さよなら、したい、わけないでしょ

本気をみせてよ

ふみこえてみせてよ

投稿者 q96z7u | 返信 (0)

普遍

返信

ありふれたモチーフは、みな、キミへと収束してゆく

投稿者 q96z7u | 返信 (0)

雨乞い

返信

それは雨乞いの儀式に似て、滑稽

無神論者は意味が無いと笑うし

異教徒は祈る神を間違えたと笑う

投稿者 q96z7u | 返信 (0)

意気地なし

返信

だから、さみしいんだってば

不安なんだってば

なんでもいいから今すぐきてよ

投稿者 q96z7u | 返信 (0)

メール

返信

彼ならのぞむ返事をくれるだろうな

なんて思いながら、彼ではなく君になげる

返ってこないね

あの人じゃないもんね

ばか

投稿者 q96z7u | 返信 (0)

存在理由

返信

価値を、意味を、探すだけ無駄なんだ

私がそれを認めなければ、無いのと同じだから

投稿者 q96z7u | 返信 (0)

答え合わせ

返信

私を蝶に擬えた君の気持ちが、今やっとわかった

9年かけて見つけた答えを、私は何年かけて訴えればいいんだろう

投稿者 q96z7u | 返信 (0)

三日坊主

返信

すでに抱負は崩壊済

投稿者 q96z7u | 返信 (0)

合わせ鏡

返信

思考は常に合わせ鏡のなかを往ったり来たり

投稿者 q96z7u | 返信 (0)

返信

結局のところ私は、雨上がりのみずたまりなんだ

投稿者 q96z7u | 返信 (0)

ゆめにっき

返信

一階は化粧品売り場

二階は洋服売り場

三階から四階にかけてはお菓子の家

ビスケットの手すりにつかまって駆け上がれば階段が崩れる

はやく、はやく、だれよりもはやく

お菓子の家の屋上で待つ、酷く甘い残酷な宴の主役は私

投稿者 q96z7u | 返信 (0)

返信

諦めるには早くて、やり直すには遅くて

要するに、道は一つしかなかったのよね

投稿者 q96z7u | 返信 (0)

右の頬を打たれたなら

返信

左の頬も打てばいいじゃないかと、泣きながら叫ぶのが私だ

投稿者 q96z7u | 返信 (0)

喪失

返信

今日もお迎えがこないな、なんて

自分からいく勇気さえないよ

認めちゃった

どうしよう

投稿者 q96z7u | 返信 (0)

抱負

返信

きみに、さみしいっていわない。

おやすみをねだったり、しない。

楽しいときだけ、口をひらこう。

とても簡単なことなのに、胸が痛くて腕が痒い。

投稿者 q96z7u | 返信 (0)

代償

返信

今日一日私が楽しむために、一体何人傷つけたんだろう

投稿者 q96z7u | 返信 (0)

関係

返信

便りがないのは元気な証拠、なんて

そんなのはなにひとつ慰めにもならない

生きてるとか、死んでるとか

報せがくるどころか確かめる術もない

希薄で曖昧なこの関係を、他人と呼ぶのは容易いこと

だけど、私の中に君が居るように、君の中にも私が居るなら

他人と呼ばれずにすむんじゃないかと、少し期待してしまったりする

投稿者 q96z7u | 返信 (0)

やさしさ

返信

私に受け取る資格なんか、本当はない

不意にうけとったそれは、いつもより、重い

投稿者 q96z7u | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.