q96z7u | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

ゴール

返信

一歩進んで二歩、三歩下がる

ゴールが後ろにあるとしたら、いつか辿り着けるんじゃないかしら

おばかさん

投稿者 q96z7u | 返信 (0)

あいたい

返信

百の言葉よりも、1度の体温が、ひとつの鼓動が、欲しいときがある

いますぐきてっていえたらいいのにね

投稿者 q96z7u | 返信 (0)

水面

返信

投げかけた言葉は、ぽとん、と

大した波もたてず、吸い込まれるように沈む

投稿者 q96z7u | 返信 (0)

共犯

返信

ここに居ていいのは、わたしじゃない

そこに居ていいのは、きみじゃない


まきこんでしまった

悪いクセだ

さぁ、まっすぐおかえり

わたしもちゃんと、向き合うから

投稿者 q96z7u | 返信 (0)

泥あそび

返信

返らない背中を見つめる強さを、私は持ち合わせていない。

きっとこのさみしさも私のわがままなんだろう。

居てくれれば、それでいい。

いつかそう思える日がくるの?


さみしさにあまえるのが正しいとは言わない。

だけど、間違う日もある。


みっともなくて結構。

もとより泥まみれだ。

差し出した手をひっぱるから、ねぇ、一緒に泥あそびしようよ。

投稿者 q96z7u | 返信 (0)

カラダ

返信

君からのメールだけで、ごはんがのどを通るようになる

単純で愛しいこのカラダ

投稿者 q96z7u | 返信 (0)

返信

自分だけがつらいと思うな

言い放ったところで、跳ね返って突き刺さる

そう、つらいのは私だけじゃない

わかってるわよ

投稿者 q96z7u | 返信 (0)

返信

再び、君が遠のく

私をなでる手など、本当は存在しない

投稿者 q96z7u | 返信 (0)

孤独病

返信

どうしてこんなに毎日さみしいのかな

本当にどうして、独りだなんて思うのだろ

半端にかまわないでよ

余計にさみしいんだから

投稿者 q96z7u | 返信 (0)

返信

この我儘な感情を恋と呼ぶのなら

一生騙し続けてちょうだいな

投稿者 q96z7u | 返信 (0)

夢日記

返信

来世で必ず、奪い返してみせる。


叶わない恋の結末は、それこそが運命と。

私にはどうしても思えなかったんだ。

投稿者 q96z7u | 返信 (0)

オリジナリティ

返信

生み出された数だけ作品は積み上げられ、増えこそすれ減ることはない。

使い古された言葉たちの並べ方を作品と呼ぶのなら。

似ている、真似された、なんて。

つまんない話だわ。


そう考えてしまう私には、おそらくオリジナリティの欠片もない。

どこにでもいる、くだらない、かわりのきく人間のひとり。

投稿者 q96z7u | 返信 (0)

不安

返信

とても、とても、不安なのです

いろんなことが、ただ、不安なのです

投稿者 q96z7u | 返信 (0)

必要なもの

返信

わたしには、

みつめる瞳が

なでる手が

ささやく声が

必要なのよ。

投稿者 q96z7u | 返信 (0)

虚像

返信

たとえばどんなに汚い言葉を並べたとしても

それは所詮活字でしかなくて

血や肉や、そういった汚いものでできた私の本質であるわけもなくて

だから、きみのみている私は、私ではないし

私の知るきみは、きみではないんだよ

投稿者 q96z7u | 返信 (0)

だいじょうぶ

返信

さみしさを、くるしさを、たれながして

きみの、そのひとことが、ただほしくて

きにしないで、なんてつよがってみせる

投稿者 q96z7u | 返信 (0)

ひみつ

返信

わたしだけの場所

みつからない場所


きみにむけて

とどかないように


それでもかかずにいられないの

投稿者 q96z7u | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.